金融機関の多重債務が原因で債務整理

MENU

金融機関の多重債務が原因で債務整理

多重債務に好き好んで陥る人はいないはずです。しかし恐ろしいことにそこへの入り口はすぐそばにあって、判断を誤るといとも容易く多重債務者の仲間入りを果たしてしまうのです。

 

私が実際に多重債務に陥ったのは金融機関からの借入がきっかけでした。最初はしっかりと返済を行うつもりでいたものの、諸事情で窮地に立たされてしまったことがあるのです。その際にやってしまうのが、別の金融機関からの借入です。リスクがあると知りつつも、返済をどうにかしなければいけませんので、とりあえずのしのぎとして他からも借金をします。

 

この段階になると多重債務者になるのは簡単です。連鎖的に他からも借入をするようになり、気が付いた時にはどのようにも返すことが難しい状況に置かれます。

 

私のケースに関しても八方塞がりでどうしようもありませんでした。そして最終的に行うことになったのが債務整理であり、そして自己破産だったのです。借金の減額や返済スケジュールの見直し程度では、もはや改善不可能な状況にまで落ち込んでいましたから自己破産は必然だったようにも感じます。

 

ちょっとした借金がきっかけとなり破産者の仲間入りをした自分を深く反省すると共に、借入には十分に注意して欲しい気持ちです。