消費者金融の借入で多重債務者となりました

MENU

消費者金融の借入で多重債務者となりました

根っからのギャンブル好きでした。パチンコとパチスロがメインで、会社の休みの日ともなると朝から晩まで、ずっとパチンコ店に入り浸りでした。もちろん、自分の手持ちの現金だけでは足りず、消費者金融からの借入も5社に及んでいました。33歳時点で総額300万円の借金を抱えていたのです。結婚もせず、ひたすらパチンコの毎日が続いていました。

 

なんとか無理して毎月の利息を支払っていましたが、その利息を支払うために他の消費者金融から借り入れるという状態にまで追い込まれ、みずから多重債務に陥ったことを自覚したのです。ここまで来ると、新たな借入を申し込んでもなかなか好意的な反応は得られませんでした。債権者からの返済を督促する電話は毎日のようにかかってきます。これだけでも、私にはかなりの精神的負担となってきました。

 

携帯電話の着信音が鳴るだけで、頭に血が上るような気がしてきたのです。時には、正規でない業者であれば貸してくれるかもしれないと考えたこともありましたが、さすがにそれは思いとどまりました。信頼できる会社の上司に相談し、弁護士を紹介してもらって自己破産の処理を決心したのです。意外なほど淡々と処理は進みました。

 

もう二度とパチンコもパチスロもしません。心を入れかえ、仕事に集中したいとの意欲に今は燃えています。